「障害のある人の余暇活動の充実について」

障害のある人の余暇活動の一つとしてヘルパーさんとの外出がありますが、ご家族とあるいはお一人での外出を好まれる方は今まで移動支援はあまり必要性を感じられなかったかもしれません。しかし、長時間のマンツーマンでの支援は必要ないけど、ピンポイントでちょっとした支援をしてくれる人が同行してくれたらもっと余暇活動が充実するのに、、、と考えられる方は少なくないのではないでしょうか。例えば、映画館などの施設や乗り物のチケット購入時、外食時の注文の際、また電車やバスの乗り換えなど支援してもらえるともっと活動の幅が広がるかもしれません。加えて友達と一緒にお出かけした時に困ったときだけ支援してくれるヘルパーがいたらいいのにと思われてる方もいらっしゃるかもしれません。そこで長崎市の日中一時支援事業である移動支援のグループ型支援について育成会ヘルパーステーションの蛭子課長に説明いただきました。友達同士やグループホームの入居者同士でのお出かけに活用できそうなサービスに、参加者の皆さんも興味津々のようで、使い方についていろんな質問があがっていました。その後は移動支援について課長と意見交換の時間となり、日頃皆さんが感じていることや要望などにお答えいただきました。また遠くは熊本へ移動支援を利用してヘルパーさんと行かれた話などいくつかの活動内容を具体的に教えていただき、「楽しそうな活動!」とか「そんな利用ならうちの子も楽しめそう!」など様々な声が上がりました。いずれにせよそれぞれ自分に合った支援をしてもらうことで余暇活動の幅が広がり、余暇の充実が図れれるようになるといいですね。

次回の定例会は1月19日(火)10:00~12:00 育成会大橋事務所会議室で「親心の記録」を皆さんで記入してみましょう。一昨年5回シリーズで取り上げたテーマですが、歳を重ねたことで変化した状況もあるかもしれません。何かあった時に困らないためにも、最新の情報を記入し常々アップデートしていきましょう。

 

 

 

「障害のある人の感覚過敏と低反応」

長崎市手をつなぐ育成会では全国知的障害児者生活サポート協会の後援を受け、研修会を企画し、11月に実施を予定していました。しかしコロナ禍の現在、一堂に会する研修会ではなくDVDで講演を視聴する研修会の形態に形を変えて行いました。今回は「障害のある人の感覚過敏と低反応」というテーマで長崎大学生命医科学域子どもの心の医療・教育センター教授の岩永竜一郎先生に講演いただきました。岩永先生は発達障害のある人の感覚分野の権威で、まだ発達障害のある人の感覚の問題が注目される前から研究されています。私たちは知的・発達障害のある人の不適切行動に目を向けてしまいがちですが、実は感覚の問題でそういった行動に至っているケースもあるようです。感覚の違いを理解した上での関わり方で改善するケースもあるとのお話に、「もっと早くにこの話を聞きたかった」という声や「事業所の職員や学校の先生に同じような研修を受けてもらいたい」という参加者の方もいらっしゃいました。

後半は長崎よかよか隊が感覚過敏の疑似体験を行いました。聴覚過敏や視覚過敏の疑似体験は初めて体験される方も多く、実際体験することで改めて知的・発達障害のある人の感覚の問題からくる生きづらさに気づかれたようでした。今後も育成会事業所に従事されている職員さんや育成会会員さん向けに研修会を開催したいと思います。

クリスマスには手作りのケーキを!

今月の定例会は会員同士の親睦を深めるために、そして来月のクリスマスを意識してシフォンケーキ作りを楽しみました。久しぶりの調理の活動とあって参加者の皆さんは和気あいあいと、和やかな雰囲気の中ケーキ作りの作業に取り組まれました。卵黄と砂糖を攪拌する作業では苦労されている方もいらっしゃいましたが、最後には全員がご自宅用のケーキを完成されラッピングも施しました。参加者の皆さんは「お店で買ったケーキみたい!」とか「ケーキなんて久しぶりに作った」「オーブンでだんだん膨らむ様子がかわいい」と喜ばれていました。最後には試食用に準備していた紅茶シフォンケーキをフルーツや生クリームでデコレーションし、優雅なティータイムを楽しみました。

コロナ禍の中で初めて迎えるクリスマス。シフォンケーキをデコレーションしたクリスマスケーキで”おうちクリスマス”を楽しんでいただけたらと思います。

次回の定例会は12月17日(木)10:00~12:00 大橋町の育成会生活支援センター会議室にて『コロナ禍における障害のある人の余暇活動の充実について(移動支援グループ支援型の具体的な動き)』というテーマです。withコロナで今までのような集団での余暇活動が制限される中、移動支援のグループ支援型の活用が注目されています。育成会ヘルパーステーションに蛭子課長に説明していただきます。この機会に皆さんで移動支援のグループ支援型について考えてみましょう!

 

 

 

 

 

オンライン研修会 第2弾!

withコロナの新しい生活様式が定着しつつある昨今、一か所に会する研修会からオンラインでの研修会へと形態が様変わりしつつあります。前回の定例会に引き続き、今回もオンライン研修会を会員の皆さんと共に受講しました。今回は東京都育成会主催「コロナのなか、対人支援が必要な人への『こころ』と『体』の距離の上手なとり方」というテーマで、テレビ等でも活躍されている明星大学准教授で公認心理師の藤井靖さんに専門家の立場から、家族や周囲との精神的な距離の取り方、言葉のかけ方など心に負担をかけない対処法をお話しいただきました。
淡々と日常を過ごしていても誰もが大なり小なり感染のリスクや終わりの見えない不安からくるストレスを感じていると思います。お話の中で具体的なストレス対処法として紹介されたのが、コーピングリストです。コーピングリストとはリラックスする方法をリストアップしたもので、その方法をたくさん持っているほどいいそうです。参加者の皆さんには時間の都合で10個だけ列挙していただきました。読書、音楽鑑賞、SNS投稿、食べ歩きなど好きなこと、したいことを挙げるだけで皆さん笑顔になり、楽しそうな表情で和やかな雰囲気になりました。また、リラクゼーションの技法として、10秒呼吸法、漸近的筋弛緩法など具体的なストレス対処法や自分の心を追い込まない方法など多くの発見がありました。最後は「心のエネルギーを補充するには安心感、楽しい体験、認められる体験が大切です。」とお話を締めくくられました。
コロナ流行後,私たちの生活は以前とは一変しました。いつ終わるともわからないコロナ禍でも心のエネルギーを補充して、元気に乗り越えていきたいものですね!
今年も早いもので残すところ約2か月弱。今年のクリスマスはケーキを手作りしてみませんか?皆さんでシフォンケーキを手作りし、それぞれご自宅用にケーキを作りお持ち帰りいただきたいと思います。もちろん試食に用意したものをおしゃれに飾っていただきますよ!
日時:11月16日(月) 10:00~12:00
場所:ハートセンター 5階 調理訓練室
参加費:600円前後

知的・発達障がいがある人の「医療とお金」 オンライン研修会を受講!

 今回の定例会はコロナ禍の昨今、脚光を浴びるオンラインセミナーを参加者の皆さんと受講しました。このセミナーは障害のある人向けの保険を手掛けられているぜんち共済株式会社様が主催され、知的・発達障害がある人の医療とお金について全国手をつなぐ育成会連合会常務理事兼事務局長の又村あおいさんが講師となりわかりやすく講演されました。前半は「医療」について、特に今一番気がかりな新型コロナウイルスに知的障害のある人が感染した場合、あるいは感染疑義者となった場合のリスクや、ぜんち共済で過去保険料を支払った実績を基に障害のある人がかかりやすい病気のことなども説明されました。後半は地域生活に必要な「お金」について就労形態、福祉サービスの利用、障害基礎年金受給の有無で変わる経済状態をわかりやすく試算表化され解説されました。表にされることで収支のバランスが一目瞭然でわかりやすく、参加者の皆さんも興味深く聞かれていました。最後には全国で視聴されている方から質問も受け付けられ、一問一答形式で丁寧にかつ的確に答えられていました。
 セミナー後の参加の皆さんとの話し合いでも、知的障害のある人が新型コロナウイルスの感染者または感染疑義者となった場合の不安や先日長崎県にも接近した大型台風などの災害時避難方法、避難場所など話題になりました。今までの日常と違う新しい生活様式にのっとりながらも色々な事態を想定しなくてはならず、障害のある人の家族としては悩ましい問題です。今回のセミナーは不安要素を洗い出し、共有でき良かったと感じました。また、新型コロナウイルス感染疑義者となった場合の受け入れ機関や対応など直接行政に問い合わせ、その結果を会員の皆様へ広報していきたいと思います。また、今後も今回のようなセミナーがあれば会員の皆様へお知らせしていきたいと思います。
 次回の定例会は10月28日(水)10:00~12:00 育成会生活支援センター 会議室にて東京都手をつなぐ育成会主催のオンライン
セミナーを視聴しましょう。テーマは「コロナのなか対人支援が必要な人への『こころ』と『からだ』の距離の上手なとり方」です。周囲の人と適切な距離をとるのが難しい知的障害のある人はコロナ禍の中、どのような支援が必要なのでしょう?皆さんで考えてみましょう。

わが子を手放すとき…

 障害のある子の親として、いつかは来るかもしれない”わが子を手放す日”に不安を抱く方は多いと思います。今月の定例会はTVで放映されたドキュメンタリー番組2本を視聴した後、参加者で感想を話し合いました。2本の番組とも強度行動障害のある自閉スペクトラム症の男性が親元を離れるための第一歩を踏み出す姿を描いており、1本目は自分の定年を目前にした父親が終活を考え強度行動障害の息子の将来と向き合いその行く末を考えるというもの、もう1本は強度行動障害の息子を育てる限界を感じもっといい環境で生活させるためわが子を手放すまでの様子を描いたものでした。

 現在、全国に8,000人程度の強度行動障害の人がいると思われるものの、その実態は詳細には把握されておらず、番組で取り上げられた2つの家族とも強度行動障害の息子を支える毎日に疲弊し、子どもが安心して生活できる場所を探されていました。昼夜逆転の生活を立て直すための1か月の入院の日、子ども自身が気持ちを落とし込むための長い葛藤の末、自ら入院病棟に入って行く姿に「喜ばしいことだけど切ない」と涙ながらに心情を吐露されるお母様の姿に、胸を締め付けられる思いでした。子どもへの愛情だけではどうしようもない現実を突きつけられた一方で、強度行動障害がありながら24時間3交代の重度訪問介護サービスを受け、アパートで独り暮らしをされている男性の姿に勇気づけられた参加者の方もいらっしゃったようでした。わが子の将来についてお聞きすると「今は(障害のある子どもと)二人暮らしで子どもがいないと自分自身がダメになってしまいそう」「親子3人、今は幸せ。先のことはその時考える」「自分(親)の入院をきっかけにショートステイを利用し始め、今年の春からグループホームに入居している」「施設入所を考えているが自分が元気な時はまだ大丈夫!体調が悪いと明日にでも入所させなければと思いが揺れ動く」など参加者の皆さんも将来について考えは様々でした。いずれにせよ相談支援事業所や福祉サービス事業所、それにもまして何かあったら手助けしてくれる親同士とつながり、家族だけで孤立しないことが大切だと改めて感じた定例会でした。

 次回の定例会は9月12日(土)10:00~12:00
 育成会生活支援センター 会議室
 ぜんち共済主催のオンラインセミナー「知的・発達障がいのある人の『医療とお金』」を皆さんで受講したいと思います。全国手をつなぐ育成会連合会の又村あおいさんが講師として、知的障害のある人の医療とお金について講演されます。貴重な研修会の機会ですので、皆さんお気軽にご参加ください!

子育ての悩み どうしてる?!

7月の定例会は、会員でない方もお誘いし、学齢期のお子さんをお持ちのお母様たちと「子育ての悩み、どうしてる?」というテーマで話し合いました。

お悩みで複数の方が挙げられたのは、初めての場所あるいは新しく会った人に対し困らせる行動をして、相手の反応を窺う試し行動に困っているというものでした。本人なりのコミュニケーションの取り方なのかもしれませんが、唾を吐いたり相手の嫌がる言葉を言ったり人を押したりすることは、親にしてみればやめてほしい行動です。慣れればしなくなると分かっていても、人目もあり注意しないわけにはいきません。親の怒る表情を見てさらに喜ぶという場合もあり、とてもお困りの様子でした。さらに、できるのにできない振りをして相手の出方を見るというある意味高度な甘えのテクニックを駆使する(?)お子さんもいました。また手持ち無沙汰になると爪を切ったり手足の皮膚をむしったり自分の身体をつねる行動をとるお子さんもいて、はさみや爪切りを隠したり、できるだけ手持ち無沙汰にならないよう気を付けているというお話も複数の方からありました。これらのやめてほしい行動に対しては「してはダメ」という声掛けより「しなくて偉かったね」という、しなかったことを褒めるという方法が提案されていました。

悩みを誰に相談するかという話題では全員が療育施設や学校のママ友を挙げられ、同じ境遇のなかまの存在はいつの時代にも大きな力になるようです。残念ながら相談相手にはあまり名前の挙がらなかったご主人についてお尋ねしたところ、「悩みを解決するまでの過程を知ってほしいのに結論ばかり口にする」「わが子との相性がいまいち」「主人だけど長男のような存在」「普段いないのでほぼ事後報告」「わが子のできることとできないことが分かってない」など、厳しい意見が多数でした。もちろん「送迎をしてくれる」「ダイナミックな遊びをしてくれる」など障害のあるお子さんのことはかわいがってくださっている様子が分かる意見もあったことをお父様の名誉のため付け加えておきます。

8月の定例会ではテレビのドキュメンタリーのDVDを観て「親の終活、わが子の将来」というテーマで話し合いたいと思います。

と き:8月20日(木)10:00~12:00

ところ:育成会生活支援センター(大橋町)会議室

長崎県立美術館発「青い紫陽花プロジェクト」

長崎県立美術館では、新型コロナウィルス感染症への対応が続く中、医療従事者を始め頑張ってる人たちへの応援や感謝を表す取り組みとして、5月末より「青い紫陽花プロジェクト」がスタートしていました。この情報を得たタイムケアのスタッフが早速長崎市の日中一時支援事業タイムケアと長崎市育成会の本人向け余暇活動「夢くらぶ」の中で作品作りに取り組んでくれました。このプロジェクトは青い紙を使って貼り絵で青い紫陽花を描くというものでした。

タイムケア・夢くらぶの参加者のみなさんも熱心に取り組まれ、時には自分で、また時にはスタッフやヘルパーさんの助けを借りながら紫陽花や雨、カタツムリなど、思い思いの作品を完成させていました。

個性豊かなみなさんの作品をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

県立美術館に寄せられた作品は150点にも上り、長崎市手をつなぐ育成会を始めすべての作品がホームページで紹介されています。

https://edublog.nagasaki-museum.jp/post/621966906514128896/

「事業所での困りごと どうしてる?」

多くの障害のある人は日中支援事業所(就労支援継続事業所、生活介護事業所など)や相談支援事業所、加えて移動支援や短期入所、また学齢期の人の場合は放課後等デイサービスなど様々な障害福祉サービス事業所を利用されているのではないでしょうか。皆さんはそれぞれの事業所での出来事や支援に対する疑問、要望はどのように伝えられているのでしょう。6月の定例会では、参加者の皆さんに日頃、福祉事業所とどのようにやり取りをされているか話し合ってみました。

要望や疑問があるとオブラートに包まずすぐにストレートに伝えると言われる方(回りくどく言うと正確に伝わらない場合がある)、言いたいことがあっても自分の子どもに原因があると諦めてしまう人、言いたいことがうまく伝わらず気分を害した支援員にわが子が冷たく接されるのではないかと不安があり言えない、今は安定して通えているので取り立ててやり取りする必要性を感じていないなどいろいろな意見が上がりました。また伝達の手段も連絡帳でやりとりされている方、直接事業所に出向き担当者や施設長に話されている方、電話で伝える方など色々な方法で伝えられているようでした。中には携帯電話のメール機能を活用し、事業所での様子をエピソードを交えて写真と共に受け取られているという方もいらっしゃいました。家庭では見せない一面を見られたり、親ができないと決めつけていたことを思いがけず事業所でできた時の発見を共有することができたお話に、そういう方法もあったのかと共感される方もいらっしゃいました。

いずれにしても事業所とうまくやっていく秘訣は、遠慮しないで小さな疑問にしろ要望にしろ感じた時に早急に言うことが大事ではないかという意見がありました。直接伝えることで一時的に支援職員と関係性が悪くなったこともあったが、お互いに話し合いを重ね関係性も良くなったと話された方もいらっしゃいました。何か言いたいことがあっても「どうせ言っても分かってもらえない」と諦めず、小さな事でもコミュニケーションを取っていく努力を重ねることが必要だと感じました。親も事業所もお互いに「言いたいことが言えない雰囲気になってないか?」と考えて、風通しの良い事業所作りを目指してほしいと感じた定例会でした。

次回の定例会は7月15日(水)10:00~ 育成会大橋事務所会議室で「子育ての困りごとどうしてる?」というテーマで話し合ってみましょう!今回は育成会会員で無いの方も参加いただけます。困りごとという捉え方も単なるわがままなのか?こだわりなのか?それとも子ども自身でもどうしようもない障害特性からなのか?他の皆さんのお話や先輩の経験談にもしかしたらヒントがあるかもしれません。お気軽にご参加ください!

「ケアホーム陽香里」の見学に行ってきました!

「長崎市南部にもグループホームを!」と長く願い続けられてきた会員さんたちの思いが叶い、香焼町に”ケアホーム陽香里”が完成しました。男性6名、女性4名計10名の入居者を迎え、いよいよ6月に開所となります。

コロナウイルスの感染拡大防止のため3,4月は中止していた会員定例会ですが、6月は施工された積水ハウスさんの見学会に定例会で参加してきました。現地では”ケアホーム陽香里”の仁科主任に対応していただきました。

県道沿いに建てられたホームはエレベーターを完備した2階建てで、少し大きめの民家のような佇まいでした。

広々としたダイニングルームにはコロナの影響で到着が起これているそうですが、車いすの方に対応したテーブルが置かれる予定です。

浴室は各階に1つずつあり、男性用と女性用に分けられています。1階は先々リフトが取り付けられるようになっています。

居室は1階に4部屋、2階に6部屋あり、各階に2部屋ずつ短期入所用の部屋があります。

トイレは各階に3か所ずつ、計6か所あります。

2階の洗濯室には、洗濯機4台、乾燥機2台が設置される予定です。

廊下は車椅子にも対応できるよう十分な広さで、洗面台もトイレのそばに設置されていました。

真新しい建物に、みなさん「わ~」「いいね~」と呟きながらの見学となりました。支援体制や経費などたくさんの質問が上がりました。左手前に見えているのはエレベーターです。木製の扉で、室内にもマッチしてました。

次回の定例会は「事業所の困りごと どう伝えてる?」というテーマで話し合います。日中事業所だけでなく短期入所や移動支援など、いまや複数のサービスを利用するのは当たり前の時代です。悩んでいることや困っていることをどう事業所に伝えればいいのか、またこんな対応してもらって助かったというお話など、いろんなお話を聞かせてください。

とき:6月22日(月)10:00~12:00              ところ:大橋町生活支援センター会議室