☕お昼休みのほっとする時間を紹介します🍱

作業や行事以外にも違う記事が何かないかと考え、今回は皆さんのお昼休みの様子をお知らせしてみたいと思います。

ほっとした環境でそれぞれいい時間を過ごしています。


みなさんの表情から作業時間と休み時間の違いがすごく伝わります。お昼休みは、身体を休めたり、リフレッシュして午後からの作業の準備をします。
周りの人と楽しく会話をしている人、旅行雑誌をみんなで見ている人、自分の好きな物を食べている人過ごし方は、それぞれです。 

とても大切な時間ですね。☕




 

 

就労体験(セブンイレブン様)を実施しました。

就労移行に毎日通っている皆さんは、就労を目指すために一定の期間を活用して就職を目指しています。

さんらいずに来る前の就労経験や年齢も様々ですが、共通した目的は、「就職したい!」という強い希望をもって毎日通われています。

その中で今回、ジェイアイシー九州株式会社様とセブンイレブン清水町店様との協力があり、就労体験(レジ打ち、品出し、袋詰め、接客)の機会をいただきました。

この場を借りて厚く御礼申し上げます。

普段は、気軽に買い物を楽しむ側から今回は、おもてなしをしてお客様とのやり取りがある中で立場が変わってくることを経験しました。

交代でセブンイレブン様の緑のユニフォームを着させていただき、気も引き締まっていたように感じる反面、緊張している様子もありました。

今回のお客様は、夢工房みどりのみなさんでした。

商品が売れたら奥にある商品を前に出すなど、慣れていくうちに自主的な動きが出来るようになりました。

支援がなくても自分たちができることは、自分達で気づいて動く事はとてもいいことだと思いますし、就労を目指す中で将来につながるいい経験だと思いました。

支援者の立場から見ても、普段とは違う動きを見て新しい発見もありました。、

無事にすべてのお客様に販売を終えた後は、お昼ご飯選びに夢中になりました。

就労体験は、方付けまでが就労です。

みんなで協力して無事にすべて終えた後、感想やお礼をお伝えして今回の体験を終えました。

不慣れな部分もあり、お客様へもご負担をかけたと思います。

今回は、貴重な時間をいただきありがとうございました。

坂本事業所でも桜木事業所の皆さんも交えて販売会を予定しています。お楽しみに。

自分たちの仕事が人の役に立っています(坂本事業所)

お菓子の納品でお世話になっている企業様の1つに株式会社三宝商事様があります。
今回、まるみつ様の店舗内の景品の一つにさんらいずのお菓子を選んでいただき好評を頂いているようです。

納品時にPOPがありましたので、一枚写真を撮らせていただきました。


皆さんが毎日作っている商品がまるみつ様の地域貢献活動を通じて地域の方に広がっています。POPの中にはさんらいずの事業所紹介も記載されています。
これからも地域の皆さんに喜ばれるお菓子作りを頑張っていきたいと思います。

新しい役員が揃い本人会が始まりました(全事業所)

3月末に本人会役員選挙を行い、新しい本人会会長に中島竜之介さんが選出されました。4月の本人会で早速、新しいメンバーでの本人会が行われました。役員の紹介から始まり、会長・副会長・書記の役割や旅行企画委員についての説明を行いました。


これまで、毎月行っていた本人会を2か月に1回のペースで実施し、役員の皆さん打ち合わせを大切に取り組んでいきます。
「みんなが楽しめる本人会」が出来るように今年度も自分たちでつくる楽しい本人会を目指していきましょう。

 

安心できる距離についての取り組み 

社会生活支援の取り組みとして「仕事のルール」、「さんらいずの中でのルール」と進み、今回は「安心できる距離について」各事業所で取り組みました。

サークルの中に3色の色分けがしています。真ん中の自分を中心にどこまでが自分にとって安心できる距離なのか?知っている人、知らない人でも違いがあります。同性と異性でも違いがありました。

 

  

実際にサークルの中に立ってみて人との適切な距離の取り方について体感しました。皆さんから体験後に、「近すぎて怖かった」、「話やすい距離がどれくらいかわかった」と感想も頂きました。

これからも繰り返し行ってみたいと思います。 

歯科講話を実施しました🦷

 

にしかど歯科の西門 忍先生を講師にお招きし歯科講話を実施しました。
年に1回の歯科講話ですが、毎回有意義なものとなっています。


今回も例年と同じように、歯垢染めだし剤を使い自分の磨き残しを手鏡で確認しました。 
毎年、繰り返し行う事で磨き残しが少なくなっていますと西門先生からほめて頂きました。
磨き残しが多い場所をもう一度磨きなおし、綺麗な歯磨きのコツも教わりました。

西門先生からのお話まとめ

<先生からのお話>                                                                     

・歯磨きの中で4つのアドバイスを頂きました。

①歯と歯茎に正確に歯ブラシを当てる。

②毛先は2~3ミリの幅で前後に動かす。1か所につき10~15回

③順番を決めて磨く。バラバラに磨かない様にする。

④7~8分ほど時間をかけてみがくこと。

※その後、歯間ブラシ、糸ようじ、フロスなどを使うともっとよい。

〇糸ようじ、フロスは歯と歯の間にまっすぐ入れるのではなく、歯に巻き付けるようにこすって取る。

〇高濃度フッ素(1450ppm)の歯磨き粉を使う時は、あまり口をすすぎすぎないこと。

歯の大切さを改めて学びました。

定期的に検診を受けて丈夫な歯を作りたいですね。

本人会の準備を行いました🎲

6月30日の本人会に向けて、役員の清水さん、大隅さん、石橋さん、石本さんが集まり本番に向けて準備を行いました。知る見るプログラムの中からサイコロトークにチャレンジする事となりました。


実際にカードとサイコロを啓発事業からお借りしてトークを開始しました。
サイコロには、「仕事」、「夢」、「余暇」、「友だち」、「家族」、「障がい」の6つの文字がかかれています。そのサイコロを振って書かれたテーマのカードを引きます。

 

 
そしてそのカードに書かれている質問に答えていくというワークです。簡単な質問から少し答えにくい質問もありました。役員の皆さんとこういう風に伝えると答えやすい言葉がないか意見を交わしました。何が出るかな?何が出るかな?とワクワクしてサイコロを振りました。楽しみながらも自分の事を話す。仲間の事を知るいい機会になりそうです。

🥦職場見学会を実施しました。🥦大橋事業所

東長崎にある青果市場の中にある大同青果様の企業見学会を実施しました。

長崎で採れたての🥦ブロッコリー🥦を北は北海道、南は沖縄まで届けるために、不良品がないか検品を行い、大きさも3段階に分けて選別する様子を見学しました。発泡スチロールの中に氷を詰めると1箱20キロ程度になり200セット程毎日行うようです。🥦


働く皆さんは言葉を交わさなくても流れ作業でテキパキ行う姿やその中で選別の基準なども参考になりました。皆さんに事業所に戻った後に感想を聞きました。

利用者の方の感想

〇細かいところまで検品していてよくみているなぁ。すごいなと思いました。

〇重たい物を何度も運んでいて大変そうだった。

〇仕事の時と休憩の時とメリハリがある職場だと感じた。

〇働く現場を見学出来てよかった。

〇お店に並ぶ前に厳しいチェックを受けてお店に並んでいるんだと分かり、安心して美味しい野菜が購入できるこ

などの意見を頂きました。


大同青果様、この度は、貴重なお時間を頂き誠にありがとうございました。



夏に向けて忙しくなります。

これからは、夏のギフト作成の時期になります。

あわせて、パンの販売も増えていきます。

今回は、製造の現場を写真に収めました。一つの作業に真剣に取り組む姿勢は、見ていてかっこいいなと思いました。

写真は、チョコレートを混ぜている作業風景です。🍫

白衣の姿もきまっています!

商品の紹介と合わせて皆さんが仕事をしているいい場面を写真や記事で紹介していきたいと思います。

 

長崎の変、はじまる。

さて、早速ですが、長崎の変とは何でしょうか?

長崎の変とは、長崎県の関係人口の創出・拡大につながるよう、本県に興味・関心を持っていただくことを目的に、長崎県出身である福山雅治さんをクリエイティブプロデューサーとして、県内外の力を借りながら、長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、その魅力を発信するプロジェクトです。

 

このプロジェクトの猫のキャラが結構かわいいです。

この猫キャラの名前は、まだ決まっていないようです🐈

既に、名前の公募は、締め切られているので名前が決まるのが楽しみです。

さんらいずも新たな長崎の変化やチャレンジが出来る様に,商品のパッケージに猫キャラを活用する事が決まりました。 

    

可能性は、無限大に広がりそうでワクワクしています。

HPでも随時、お知らせしていきたいと思います。

さんらいずも「にゃんとかせんば! さんらいずの変」をキーワードに長崎の変の流れに乗りたいと思います。

#長崎の変

#さんらいず 

#お菓子 

#マドレーヌ

#にゃんとかせんば