初チャレンジ!!(京泊)

『初チャレンジ!!』(京泊)

雑談の中で利用者のお一人が「旅行に行きたいな」と言われた事から始まった『初チャレンジ』へのお話をしたいと思います。  

AさんとBさんは今までに、ヘルパーとの日帰りバスツアーや、日中事業所での一泊旅行の経験はありますが、一人での一泊旅行は未だ経験ありませんでした。そこで、個人での旅行に参加してみたら・・という促しをしてみたところ。「行きたいけど不安だから・・」と諦めていたようでした。そこで、再度提案!!「二人ならどう?」との促しに気心が知れている「ホーム仲間となら・・」、『やってみます』と少し不安な表情はありましたが決心が出来ました。利用者二人でのツアー参加について本人さんの気持ちは決まったのですが、もしもの場合を考えると不安な点が出てきました。管理者に相談すると、自分(管理者)が鹿児島に連休中は滞在しているから、目的地を鹿児島にすると何かあっても対応出来ると言ってくれました。     

      IMG_0091.JPG          IMG_0096.JPG  

 

ゴールデンウイークに行ける鹿児島一泊ツアーを広告で調べました。JRで行くツアーが一つあり申し込みをしました。申し込みを済ませ、日程表が届いてから分かったのですが・・添乗員が、博多から乗車と思いがけない事が発覚しました。利用者二人だけで、浦上駅から乗り継ぎをして新鳥栖駅でツアーに合流しなければいけない事は大きな問題点になりました。お話は出来る方達ですが、上手に伝えられるか、乗り過ごしはしないか色々な不安要素がありました。そこで、旅行会社を通してJRに協力をしてもらえないか管理者が連絡を取ってくれました。数日後、乗り継ぎの協力はJRの方が行ってくれることが決まりホッとしました。

JRの方と添乗員に向けて協力のお願いとお礼を書いた手紙を準備し、携帯電話から管理者にかける練習は数回行い当日を向かえました。浦上駅に同行し駅員さんに挨拶をすると、「浦上駅、新鳥栖駅、鹿児島中央駅と話は通っています。」と心強い返答で安心して見送る事が出来ました。利用者お二人は、旅行に行ける嬉しさで不安はどこかに飛んで行った様でした。

     IMG_0116.JPG    IMG_0134.JPG

        IMG_0107.JPG     IMG_0098.JPG      IMG_0127.JPG     IMG_0124.JPG

「着きました」とホテルから、ホームに連絡がありました。そこでちょっとした問題が!!お小遣いの計算が合わないと二人とも慌てた様子で、電話に替わり番こに話して来ました。割り勘にした金額、レシートのない買い物で使った金額が分からなくなり残金が少ないとの事でした。一人ずつ朝からの流れ(使った金額)を確かめながら合わせていきました。数回繰り返しましたがそこでは分からなかったので、1日目の残金を書いておきホームで合わせる事にしました。2日目もおいしい食事、地元のお菓子など普段は食べられない物が多く旅行を満喫出来た様でした。添乗員さんも優しくして頂いたようで、一緒に写真を撮っていました。5月3日の早朝から1泊2日のJRを乗り継いだチャレンジ旅行は、無事に帰宅出来た事でいい思い出・経験になりました。また、行きたいなとお二人とも言っています。   

グループホーム京泊

グループホーム京泊は女性棟です。幅広い年齢層の5名の入居者の方がいます。

IMG_0804.JPGIMG_0804.JPGIMG_0802.JPG

年齢層は幅広いですが、話は合うようでご自分たちの部屋で話しに花を咲かせています。

漁港近く、山に囲まれた住宅街にあり住みやすい環境です。散歩に出かける入居者もいて、散歩コースには不自由しません。春は近所の公園の「さくらの里」に歩いて桜を見に行くことができますcherryblossom

入居者の皆さんは、昼間は日中活動の場でがんばり、夜は我が家であるホームでゆっくり羽を伸ばします。入居者の皆さんが明日の英気を養える、そんなホームでありたいですhouse

初めまして、グループホーム女の都です。

DSCF0498.JPGグループホーム女の都は、女の都団地の中心あたりにあるホームで長崎市手をつなぐ育成会のグループホームの中で唯一の男女混合棟です。男性3名、女性3名の方が生活されています。

近くには、スーパーがあり、休日は皆さんで昼食を買いに行かれます。また、女の都病院があり、救急受付もしてくれるので安心です。バス停も徒歩2分程、すぐ近くに公園もありとても住みやすい環境です。

 

 

 

DSCF0499.JPG

朝は6時半に起床し、7時頃朝食を摂ります。その後、ひとり一人の健康チェックです。検温や口内チェックをした後、服装の記録をします。衛生面での支援と万が一行方不明になった時にも把握できるようにしています。

食事も皆で食べると美味しいですよね。わきあいあいと会話をしながら、たまには他の人のジョークにご飯を吹き出してしまう人もsmile

食事が済んだら、皆さん当番掃除が始まります。洗面所、トイレ、玄関周り等、自分達のホームを自分達できれいにします♪掃除好きな方もいて、女の都ホームは、きれいが自慢ですnote

 

 

DSCF0501.JPG

当直さんが庭に植えてくれた「トマト」「キュウリ」「ナスビ」 毎日水やりを頑張っています。日に日に大きくなる野菜の苗や色づく野菜を見て、育てる事への喜びを感じあっていますheart04

もうすぐトマトは食べごろみたいですよsign03

こんな小さな命を育てる事で、人への思いやりを育んでもらえればいいなと思います。

 

ホーム見学希望の方、いつでも気軽に声をかけてくださいnote

グループホームなめし

グループホームなめしでは、一人暮らしを目標に支援しています。

本年度は月に3回夕方調理実習を行っています。最初は野菜を切るのも危なっかしく、どうなる事かと思いましたが、

1年目月1回、2年目月2回、3年目(本年度)月3回と増やしていきました。

002.JPG

005.JPG

朝食は毎日各自で作って、食べて仕事や日中活動の場へ通います。ご飯の人、パンの人と自由に作っています。

写真は朝食に作っただし巻きたまごです。まだまだ上手くまけませんが、味はおいしいです。これからも頑張ります!

007.JPG

先月の調理実習は新メニューのタイ風ガバオライスを作りました。

目玉焼きをくずしてご飯と一緒に食べます。これからも少しずつレパートリーを増やしていきたいですdelicious

013.JPG014.JPG

男の城?

img007.jpgはじめまして、グループホーム城山台の紹介です。

 

 <外観>

当ホームは、長崎市城山台の閑静な住宅街の中にあり、男性棟で5名の方が仲良く暮らされています。

利用者の皆さんは、地域住民の方々と毎日挨拶を交わし、すっかり顔なじみの関係となっています。

 

 

 

img001.jpg                                                 <台所・食堂>

出勤時間、帰宅時間は、利用者さんそれぞれ違いますが、朝、夕とも5名全員そろってから毎日楽しく食事されています。

 

男性棟の特徴でしょうか?時々女性の話で盛り上がっています。

 

 

 

 

 

img003.jpg

 

<浴室>

利用者さん全員、とても奇麗好きで、365日、毎日欠かさず入浴されています。

 

 

 

              

 

 

 

近くにお寄りの際は、是非お訪ね下さい。利用者さん5名とスタッフ一同お待ちしておりますhouse

グループホームはやまの紹介です。

グループホームはやまの自己紹介

入居者同士の交流もあり、素敵な笑顔が自然に出るホームで~す(^ ^)

ホーム内注意!(たまに鬼出現(笑))

 

        リビング              お風呂場 

hayama001.jpg hayama002.jpg

 

憩いのリビング、のんびり出来る浴室、食事も抜群のホーーームだがね!

  

はじめまして。六じぞうホームです。

皆さん、はじめまして。六じぞうホームの世話人です。

場所は、「六じぞう」という名の通り、長崎市六地蔵バス停から徒歩2~3分の所にあります。

 

今回は、休日の昼食をご紹介しようと思います。

この日は、入居者全員で、ホットケーキ作りに挑戦upwardright

まずは、ホットケーキミックス、タマゴ、牛乳を混ぜて・・・ 

6jizou004.jpg

                  6jizou003.jpg

 

 

    次は・・・soon

ホットプレートで焼きます。

 

 

 

ジャムをぬって、出来上がりーshine

6jizou002.jpg

美味しく、いただきましたrestaurant

001.JPG

自分たちで作ったホットケーキを、とても嬉しそうに食べていたのが印象的でした。

休日の昼食時間を使って、「作って食べる喜び」を伝えて、「充実した生活」へと繋がっていけば・・・と願っています。

これからも、六じぞうホームの様々な日常を綴っていけたらと思います。

“はじめまして。六じぞうホームです。” の続きを読む