利用者会議

ワークあじさいでは、本人活動として利用者の皆さんが主体的に意見を出し合い、自分たちで物事を決めていく「利用者会議」というものが行われています。利用者の皆さんの主体的な考えを大切にしているので、職員は皆さんの意見を引き出すサポート役に徹しなければなりません。

今年度は、何のテーマで話し合いを行っていくかを考えるため、アンケートを記入してもらうところから始まりました。

4月 「いろいろな決め方について、考えたいことについて、ワークあじさいについてのアンケート記入!」

はいorいいえorわかないで答える形式と、自由記述形式の2種類の形式でアンケート記入してもらいました。アンケートの結果、今年度は朝のランニングの曲の変更について考えることが決まりました。

6月 「ランニングの曲を考えよう!」

ランニングの曲を決めるためには何を考えなければいけないかを担当班ごとに話し合いました。

①どういう曲がよいか。②曲の長さ。

③どうやって準備するか。④他考えなければならないこと。

8月 「プレゼンテーションの準備をしよう!」

班ごとに意見を1つにまとめて、プレゼンテーションの準備をしました。各班、工夫を凝らしたプレゼンテーションの用紙を準備していました。

12月 「プレゼンテーション&投票!」

1人2票を持ち、投票を行いました。自分の班にも投票できるようにしました。

○シールを使用し貼っていき、利用者の方だけでなく、職員も投票をしました!

2月 「結果発表!」

投票の結果は、なんと2班とも同率の投票数でした。この場合、最終的にどうやって結果を決めるのか、もう一度皆さんで考えました。2つの班の代表者がじゃんけんで決めてほしい、職員で決めてほしいなど様々な意見がでましたが、もう一度シールを貼っていく、決選投票を行うことに決まりました。

 

「いざゆけ若鷹軍団」or「ガッツだぜ」

ちなみに、他に候補に挙がった曲は、「トラブルメーカー」「100万年の幸せ」「USA」です。

投票の結果・・・僅差で『いざゆけ若鷹軍団』になりました。

投票して終わりでは、ありません。『いざゆけ若鷹軍団』の曲を「どう準備するか?」「誰が準備するのか?」「いつから変更するのか?」を班ごとに具体的に話し合い、発表しました。

その場では決まらず、希望メンバ―数名が名乗り出て、「ランニング曲変更実行委員会」を結成することになりました。

現在、ランニングの曲変更に向けて「ランニングの曲変更実行員会」のメンバーが話し合いを行っています。

今年度の利用者会議では、一人ひとりが意見を発言し、どのような考えをもっているのかを他の人と共有し合える良い時間になったのではないかと思います。また、1つの事を決めることの大変さや難しさを理解することに繋がったのではないでしょうか。