長崎市手をつなぐ育成会トップページ職員行動規範お問い合わせ

長崎市手をつなぐ育成会からのお知らせ

平成25年度新任職員研修会が開催されました

2013年4月19日

3/23(土)9:00~12:30 あじさいの家で「新任職員研修会」が開催されました。

対象となるのは今年度中に採用された職員と来年度4月より新採用となる職員で、今回は22名の職員が対象者となりました。(新任職員・・・勤務1年未満の職員)

 

この研修は新任職員として最初に踏まえていてもらいたいことを研修します。内容は、以下のプログラムとなっています。

   ① “育成会55年のあゆみ”の映像を通して、長崎市手をつなぐ育成会の歴史を知ること。

   ② 育成会職員としての基本的な考え方や姿勢などを示した“育成会職員行動規範”の説明。

   ③ 育成会職員の手で作られたビジネスマナーハンドックを使用して “社会システムの理解”についての読み合わせ。

   ④ “自己覚知”というメニューで、自分から見た自分と他者から見られている自分を知り、今からの仕事につなげること。 

 

IMG_1267.jpg

   育成会55年のあゆみ

説明者:さんらいず 佐藤支援員

DSCN7778.JPGのサムネール画像 育成会職員行動規範の説明

説明者:あじさいの家 毛利主任

DSCN7782.JPGのサムネール画像

社会システムの理解

説明者:夢工房みどり 江口主任

DSCN7795.JPG 自己覚知

説明者:ワークあじさい 渡部支援員

 

 最後の自己覚知の研修の時間では感想などを話し合うのですが、毎年新任職員の方の意欲や熱意を感じさせられます。皆さんの活躍を期待し、それぞれの事業所の支援やサービスの向上に繋がっていければと思います。

  


平成25年度人事異動、昇格、新規採用

2013年4月18日

  平成25年度の法人内異動、昇格、新規採用といった人事が発表された。

 内訳は、事業所間異動6名、主任昇格者4名(ワークあじさい、さんらいず、ヘルパーステーション、啓発事業)、正規職員への任用7名、嘱託職員への任用2名、新規職員採用4名(夢工房みどり→正規職員1名、さんらいず→正規職員1名、あじさいの家→嘱託職員1名、陽香里工房→嘱託職員1名)となっている。

  今回の人事異動での主任昇格者4名を受け、全事業所(8事業所)に主任が配置されたことになり、更なる組織体制の確立が期待される。


第10回育成会職員研修会が開催されました。

2013年2月 4日

isk10_009.jpg 当法人では、職員の支援力向上を目指し、年間を通じて様々な職員研修を実施していますが、その中でも年に1度行われる全体研修会が、1月27日に長崎県営野球場内会議室で開催されました(参加職員67名)。

今回は記念すべき第10回大会ということで、全日本育成会理事であり、明星大学教授(現職)の吉川かおり先生をお招きし、“障害のある人の家族への支援”についてお話しを伺いました。

 

 

 

 

 

isk10_003.jpgそのほか、今年度の職員研修テーマ:「人に向かい合うことに重点をおいて仕事をする」として取り組んできた内容と成果が、職員研修委員会チーフより報告され、

続いて事務長より、「法人の現状と今後の展望」について、法人財政状況の資料を元に説明がありました。

 

 

 

 

 

 

 

isk10_034.jpg 午後からはグループに分かれ、演習を取り入れて学びました。ロールプレイングを行い、利用者役、家族役など、役割を演じて色々な立場に立ってみることで、その立場の方の思いや考えを学びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

事業所やサービスが拡大し職員数も増えていく中で、年々職員の研修意識が高くなっており、とても活発で有意義な研修が行われています。職員の年齢や経験、職種などの違いはあるものの、今回の研修ではそれぞれが考えることがあり、収穫が沢山あった研修会になりました。

 

isk10_005.jpg


初任職員研修会が開催されました。

2012年11月 7日

11/3(土)9:00~12:30 あじさいの家で、「初任職員研修会」が開催されました(初任職員・・・勤務1年以上5年未満の職員)。

今回の対象者は各事業所から合計26名の職員で、施設長3名にも参加頂きました。

       helper-kenshukai19_003.jpg helper-kenshukai19_002.jpg

 ここ数年の職員の研修ニーズ(現場ニーズ)に、 “ 利用者のご家族との信頼関係づくり ” が上がるようになりました。

今回の研修では、 ご家族から信頼されるために、まずは個人のコミュニケーション能力を高めようというのを目的として、コミュニケーション(対人援助技術)を専門的に扱う「相談支援員会」の協力を仰ぎ、コミュニケーションの3つの基本である「 傾聴 」 「 受容 」「 共感 」 を、演習を交えながら学びました。 

講義を聴いた直後に演習をすることで、体験型でとても効果的な研修になったようです。

 私たち職員は、“” ご家族との信頼関係づくり “” についての意識をつねに持って日々の業務に当たり、試行錯誤しながら取り組んでいくことがとても大切と考えます。

今後も、この「家族支援」をテーマとして様々な角度から焦点を当てた研修を、実施していく予定です。

※相談支援員会・・・各事業所に相談支援員を配置し、地域の障害のある方々や、ご家族を支えていく法人の地域支援

             システムの一環。 


新任職員フォローアップ研修会が開催されました。

2012年10月23日

10/20(土)9:30~12:00 あじさいの家で、「新任職員フォローアップ研修会」が開催されました(新任職員・・・・入社して勤務1年未満の職員)。今回の対象者は各事業所から合計19名でした。

 

新任職員には、まず入社直前の3月に研修を受けてもらうのですが、その後実際に現場に出て仕事を始めると、半年が経つ頃に最初の疑問や迷いが生まれてくる時期をどの職員も迎えるようです。その時期を逃すことなく研修し、それぞれが持つ疑問や迷いを一つずつ改善していくことが「フォローアップ研修」のねらいです。

毎年、「職員行動規範について」と、 「現場での課題について」 この2つを主なテーマとし、日頃の業務の中で抱えている課題を、グループワークで他の職員と意見交換しながら解決していく方式ですが、今回は管理者4名の方々にも参加頂き、各グループに入ってもらって、各職員が抱える内容に合わせて助言等してもらいました。

 

各新任職員の皆さんからは、日々の業務(支援)、また言動の振り返りをよく自覚できているという印象があり、タイムリーで効果的な研修になったことを実感できました。

また管理者4名も、入社半年の職員の生の声を聞くことができ、現場に戻ってからも、新任職員のどの部分にアプローチしたサポートを行えばよいのか、大変参考になったようです。

 

IMG_0792.JPG


職員募集
ながさき知的障害児者サポート協会 生活サポート総合補償制度 知的障害児者・自閉症児者のための病気やケガの総合補償制度です。
会報誌
「成年後見」・「遺言書作成」・「相続手続き」等の相談サポートを承ります。
立山行政書士法務事務所様がサポートいたします。
入会のご案内
  • デジタルカタログ
  • 組織図
  • 地域福祉五ヵ年計画
Get ADOBE READER
  • 菓子舎さんらいず
  • もっちりシフォン(紅茶)

    米粉を使ったもっちっとふんわりした食感で、アールグレイのいい香りが大人っぽいシフォンケーキ。

    もっちりシフォン(レモン)

    米粉を使用しているので、もちっとふんわりした食感。レモンの風味がほんのり広がるさわやかなシフォンケーキです。

    レモンクッキー

    ギュッとしぼったレモン果汁がさわやかに広がる人気のクッキーです。

    ココアサブレ

    ココナッツ入りで甘さ控えめの健康的なサブレです。

    カフェマーブル

    コーヒーの香りがほのかに香る大人向けのパウンドケーキです。

社会福祉法人
長崎市手をつなぐ育成会

〒852-8134 長崎市大橋町19番19号
電話番号
095-845-5668
FAX番号
095-845-5664

あじさいの家ブログワークあじさいブログさんらいずブログ夢工房みどりブログ陽香里工房ブログ
グループホーム・ケアホームブログ育成会ヘルパーステーションブログ育成会ケアプランセンターブログチャレンジクラブフレンズブログいんくるブログ啓発事業ブログ