長崎市手をつなぐ育成会トップページ職員行動規範お問い合わせ

啓発事業 ブログ

「事業所とのコミュニケーション、どうとってますか?」

公開日:2018年4月12日

長崎の桜の開花は例年より早かったようです。短い桜の季節、皆さんは楽しまれたでしょうか?

3月の定例会は「事業所とのコミュニケーション、どうとってますか?」というテーマで話し合いました。子どもさんが日中の通所事業所を一か所しか利用されてないという方もいらっしゃれば、ヘルパー事業所、ショートステイ、ディサービスなど複数の事業所を利用されている方もいらっしゃいます。それぞれの事業所とのやりとりは、毎日の連絡帳、支援員との対話、また携帯電話のメールなど様々な方法でコミュニケーションをとられていました。本人が連絡帳の内容を気にするため、本人が読んでも差し障りがないことを書き、必要な時は事業所へ直接電話を掛けるという方もいらっしゃいました。中には、あまりにも事細かに事業所での子どもの様子を書かれるので、家庭でどうにかしてほしいという意味かと思い非常に苦しかったという方、連絡帳を書く時間より支援する時間を大切にしてほしいという方もいらっしゃいました。本人について、保護者と事業所が共通理解をするためにコミュニケーションは必要不可欠です。しかし「思っていることを言葉にして、職員さんに不愉快な思いをさせるのではないかと思うと遠慮してしまう」「トラブルになると困る」「直接的な表現ではなく『~していただけると助かります』とといった間接的な表現になるよう気を付けている」という意見には皆さん共感されていました。逆に言葉では言いにくい事も、連絡帳で冷静に(感情的にならず)書いたことで、先方がきちんと受け止めてくれたと話された方もいらっしゃいました。

アプローチの違いから思いがすれ違うこともあるかもしれませんが、お互い諦めず、過度に期待しすぎず、感情的にならず、より良いコミュニケーションをとりたいたいものですね。

4月の定例会は久しぶりにさるくを企画しました。長崎のベイエリアを散策し、普段見過ごしている史跡を見学しましょう!悪天候の際はコースの変更や中止をせざるを得ないかもしれませんので、是非事前申し込みをお願いします。

4月17日(火)10:00 出島電停前出島資料館入口 集合~11:30頃 夢タウン前解散予定


「ほめてますか?わが子のこと」

職員募集
ながさき知的障害児者サポート協会 生活サポート総合補償制度 知的障害児者・自閉症児者のための病気やケガの総合補償制度です。
会報誌
「成年後見」・「遺言書作成」・「相続手続き」等の相談サポートを承ります。
立山行政書士法務事務所様がサポートいたします。
入会のご案内
  • デジタルカタログ
  • 組織図
  • 地域福祉五ヵ年計画
Get ADOBE READER
  • 菓子舎さんらいず
  • もっちりシフォン(紅茶)

    米粉を使ったもっちっとふんわりした食感で、アールグレイのいい香りが大人っぽいシフォンケーキ。

    もっちりシフォン(レモン)

    米粉を使用しているので、もちっとふんわりした食感。レモンの風味がほんのり広がるさわやかなシフォンケーキです。

    レモンクッキー

    ギュッとしぼったレモン果汁がさわやかに広がる人気のクッキーです。

    ココアサブレ

    ココナッツ入りで甘さ控えめの健康的なサブレです。

    カフェマーブル

    コーヒーの香りがほのかに香る大人向けのパウンドケーキです。

社会福祉法人
長崎市手をつなぐ育成会

〒851-2206 長崎市三京町702-1
電話番号
095-893-5503
FAX番号
095-814-1778

あじさいの家ブログワークあじさいブログさんらいずブログ夢工房みどりブログ陽香里工房ブログ
グループホーム・ケアホームブログ育成会ヘルパーステーションブログ育成会ケアプランセンターブログチャレンジクラブフレンズブログいんくるブログ啓発事業ブログ