長崎市手をつなぐ育成会トップページ職員行動規範お問い合わせ

啓発事業 ブログ

「親として知っておいてもらいたいこと」

公開日:2017年9月 2日

9月に入っても残暑が厳しい日々ですが、皆さん元気にお過ごしでしょうか?夏の疲れが出やすいこの時期、水分補給を怠らないように心がけ、元気に残暑を乗り切りましょう!

今回の定例会は「親として知っておいてもらいたいこと」というテーマで話し合いました。学校の先生や事業所の職員さん、ご近所の方に知ってほしいこと、理解してほしいことを中心に話しを進めていきました。過去に経験した障害の特性についての無理解から来る差別的な言葉、行動、視線についても話が広がり、参加者の皆さんが同じような経験をお持ちのようで大きくうなずいて共感されていらっしゃいました。障害者差別解消法が施行されているとはいえ、積極的かつ自発的に障害について知ろうとする人は現実的には少ないように思いますし、人それぞれの価値観が違うように一方的に障害理解を押し付けることは無理だと思います。

中には、子どもの小学校時代に積極的に学校の役員をしたり、子どもの誕生会にクラスのみんなを招待し、身近な人たちへ理解を深めてもらおうと努力された方もおられました。小さい頃は子どもの行動に対し近所の人に厳しいことを言われ落ち込んだという方も、いつの間にか自然と地域の人たちがわが子のことを理解してくれ、助けてもらったり声をかけてもらったりするようになったというお話もありました。身近に理解者が増えることは、子どもが地域で暮らしていくときに多くの目で見守ってもらえることにつながっていくのではないでしょうか。

知らないからどのように接していいのかわからないのは当然です。私たちも障害のある子どもの親になったことで、初めて障害について理解できた事も多いのでまずは身近な人一人一人に障害というより、わが子について知ってもらうことが大切だと感じました。

全国的にも数年前から、知的障害への啓発運動に取り組まれている団体があります。そこで、11月23日(祝・木)13::00~アリーナかぶとがに大研修室において、広島県で地域の学校や幼稚園、自治体をキャラバン隊で回り、知的障害についての理解を深めてもらうために「知的障害の疑似体験」という活動を展開されているアビ隊の方に来崎いただき、実際の活動を見せていただくことになりました。是非この機会に皆さんも参加されてみませんか?新しい発見があるかもしれません。

次回の定例会は9月12日(火)13:00~ フレンズ事務局 茂里町ローソン2階

 

 


「グループホーム以外の暮らし方」について「家族に知っておいてもらいたいこと」

職員募集
ながさき知的障害児者サポート協会 生活サポート総合補償制度 知的障害児者・自閉症児者のための病気やケガの総合補償制度です。
会報誌
「成年後見」・「遺言書作成」・「相続手続き」等の相談サポートを承ります。
立山行政書士法務事務所様がサポートいたします。
入会のご案内
  • デジタルカタログ
  • 組織図
  • 地域福祉五ヵ年計画
Get ADOBE READER
  • 菓子舎さんらいず
  • もっちりシフォン(紅茶)

    米粉を使ったもっちっとふんわりした食感で、アールグレイのいい香りが大人っぽいシフォンケーキ。

    もっちりシフォン(レモン)

    米粉を使用しているので、もちっとふんわりした食感。レモンの風味がほんのり広がるさわやかなシフォンケーキです。

    レモンクッキー

    ギュッとしぼったレモン果汁がさわやかに広がる人気のクッキーです。

    ココアサブレ

    ココナッツ入りで甘さ控えめの健康的なサブレです。

    カフェマーブル

    コーヒーの香りがほのかに香る大人向けのパウンドケーキです。

社会福祉法人
長崎市手をつなぐ育成会

〒851-2206 長崎市三京町702-1
電話番号
095-893-5503
FAX番号
095-814-1778

あじさいの家ブログワークあじさいブログさんらいずブログ夢工房みどりブログ陽香里工房ブログ
グループホーム・ケアホームブログ育成会ヘルパーステーションブログ育成会ケアプランセンターブログチャレンジクラブフレンズブログいんくるブログ啓発事業ブログ