長崎市手をつなぐ育成会トップページ職員行動規範お問い合わせ

啓発事業 ブログ

違いを知ろう!

公開日:2016年6月 8日

6月になり、長崎も梅雨入りしました。これからしばらくは、気持ちも沈みがちになりますが、梅雨の晴れ間を少しでも楽しみながら、この時期を乗り越えたいですね。

5月の定例会は、『「サービス等利用計画」って?』というテーマで利用計画書の必要性や作成の流れ、セルフプランとの違いなどを、相談支援事業いんくるの松下主任より詳しく説明していただきながら、参加者と一緒に理解を深めていきました。

障害福祉サービスを利用するためには、相談支援事業所と契約し、相談支援専門員が利用者の希望を聴き取って「サービス等利用計画案」を作成します。その後、障害福祉課へ計画書を提出してサービス支給量が決定され受給者証が送られてきます。長崎市では本人が希望すればセルフプランでの提出も可能となっていますが、今年度より「サービス等利用計画書」の提出を求められるようになっているとのことです。今回の参加者にもセルフプラン利用が16人中11人もおられたので、受給者証の更新時期になりあわてることがないようにできるといいですね。

現在、計画相談を利用している人は、各関係機関で本人についての共通理解をされるので安心して支援が受けられているようです。また、セルフプランを利用している人は、やっと提出書類の書き方にも慣れたところに、これから相談支援事業所を探したり、契約手続きやモニタリングなど面倒なイメージがあるようでした。しかし、第三者が中立の立場で、本人にとって必要なサービス計画を立てることで公平性が保たれ、今後利用するサービスの内容を変える場合も手続き等がスムーズにできるのではないかと感じました。相談支援事業所を利用することで、これから先の安心へつながっていくのではないでしょうか。

長崎市育成会では、今年度の4月に3か所の相談支援事業所(つなぐ・ひかり・みどり)を立ち上げ、各事業所との連携を図りながら、利用者の皆さんの意向を大切にした計画作成を丁寧に進めております。

 

<6月の定例会>

6月14日(火) 10:00~12:00 「どうしてる?災害への備え」

場所:タイムケア事務局(茂里町電停前ローソン2F)にて

 

 

 

yyy


長崎さるくに出かけませんか?どうしてる災害の備え?

職員募集
ながさき知的障害児者サポート協会 生活サポート総合補償制度 知的障害児者・自閉症児者のための病気やケガの総合補償制度です。
「成年後見」・「遺言書作成」・「相続手続き」等の相談サポートを承ります。
立山行政書士法務事務所様がサポートいたします。
入会のご案内
  • デジタルカタログ
  • 組織図
  • 地域福祉五ヵ年計画
Get ADOBE READER
  • 菓子舎さんらいず
  • もっちりシフォン(紅茶)

    米粉を使ったもっちっとふんわりした食感で、アールグレイのいい香りが大人っぽいシフォンケーキ。

    もっちりシフォン(レモン)

    米粉を使用しているので、もちっとふんわりした食感。レモンの風味がほんのり広がるさわやかなシフォンケーキです。

    レモンクッキー

    ギュッとしぼったレモン果汁がさわやかに広がる人気のクッキーです。

    ココアサブレ

    ココナッツ入りで甘さ控えめの健康的なサブレです。

    カフェマーブル

    コーヒーの香りがほのかに香る大人向けのパウンドケーキです。

社会福祉法人
長崎市手をつなぐ育成会

〒851-2206 長崎市三京町702-1
電話番号
095-893-5503
FAX番号
095-814-1778

あじさいの家ブログワークあじさいブログさんらいずブログ夢工房みどりブログ陽香里工房ブログ
グループホーム・ケアホームブログ育成会ヘルパーステーションブログ育成会ケアプランセンターブログチャレンジクラブフレンズブログいんくるブログ啓発事業ブログ