長崎市手をつなぐ育成会トップページ職員行動規範お問い合わせ

啓発事業 ブログ

自分らしく生きていますか?

公開日:2012年6月 5日

6月になり梅雨入りも目の前に迫ってきました。でも、気分は晴れやかに過ごしたいものですね。

さて、5月28日(月)13時より「定例会」を開催いたしました。

今回は、「自分らしく生きる」をテーマにおしゃべりをしました。

まず親である私たちが、「これまでやりたいことをやってきたか?これからどんなことをやってみたいか?」という話から「自分らしく生きる」ことを考えてみました。

実際に、子育てをしながらやりたいことをするのは難しいものです。他にも、家族のことやあきらめてしまったこともあるでしょう。また、年をとってくるとやりたいことを考えるより先に、意欲が薄れたり体がついて行かず、このままでいい・・・と思われるようです。それならば、家族を含めた今の現実を受け入れて、その合間で楽しみを見つけ、少しでも好きなことができるようになるといいですね。

では、障害のある子どもたちは自分らしく生きているのでしょうか?

前回に引き続き、全日本手をつなぐ育成会の会誌「手をつなぐ」より、障害のある人の「自分らしい暮らし」の記事を参考にしました。

「どこで、誰と、どんな暮らし」を望んでいるのか、障害があるからわからないだろうと、親が勝手に判断してしまったり、無意識に親の都合に合わせて誘導してしまうかもしれません。きっと決められないだろうではなく、本人が選び・決められるような支援が必要だと思います。本人の希望として、将来はずっと住み慣れた家で家族といたい、仲間と暮らしたいという声を聞くと、叶えてあげたいと強く思います。しかし、突然両親が亡くなったり、経済的な理由で住む場所が選べなかったりとか、他にもさまざまな多くの問題があるようです。

これから福祉サービスを利用されるすべての人たちに、個別支援計画が作成されます。そこには、親の気持ちも反映されるようです。住まいに限らず、本人の意思が取り入れられるような支援が望まれます。親子で、それぞれにとっての「自分らしい生き方」を考えるきっかけとなり、できることから一緒に始められるといいですね。

定例会では、現在グループホーム十人町の見学を計画しています。決まりましたら、定例会や定例会のご案内でお知らせいたします。 

<6月の定例会>

6月26日(火)10:00~12:00  育成会タイムケア事務局(茂里町電停前ローソン2F)にておこないます。

みなさんとおしゃべりできるのを楽しみにしています。                 〈 センター事務局  森田 )                           


「孤立死」「親亡きあと」・・・どうしますか?

職員募集
ながさき知的障害児者サポート協会 生活サポート総合補償制度 知的障害児者・自閉症児者のための病気やケガの総合補償制度です。
会報誌
「成年後見」・「遺言書作成」・「相続手続き」等の相談サポートを承ります。
立山行政書士法務事務所様がサポートいたします。
入会のご案内
  • デジタルカタログ
  • 組織図
  • 地域福祉五ヵ年計画
Get ADOBE READER
  • 菓子舎さんらいず
  • もっちりシフォン(紅茶)

    米粉を使ったもっちっとふんわりした食感で、アールグレイのいい香りが大人っぽいシフォンケーキ。

    もっちりシフォン(レモン)

    米粉を使用しているので、もちっとふんわりした食感。レモンの風味がほんのり広がるさわやかなシフォンケーキです。

    レモンクッキー

    ギュッとしぼったレモン果汁がさわやかに広がる人気のクッキーです。

    ココアサブレ

    ココナッツ入りで甘さ控えめの健康的なサブレです。

    カフェマーブル

    コーヒーの香りがほのかに香る大人向けのパウンドケーキです。

社会福祉法人
長崎市手をつなぐ育成会

〒851-2206 長崎市三京町702-1
電話番号
095-893-5503
FAX番号
095-814-1778

あじさいの家ブログワークあじさいブログさんらいずブログ夢工房みどりブログ陽香里工房ブログ
グループホーム・ケアホームブログ育成会ヘルパーステーションブログ育成会ケアプランセンターブログチャレンジクラブフレンズブログいんくるブログ啓発事業ブログ